ベビーシッターと病児保育の採用情報

幼児と幸せな両親

「ご家庭に楽しい時間を届ける」をモットーに
ベビーシッターサービスや病児保育を行っています。

会社は順調に成長中ですが、さらに会社を大きくするために今後の当社の中心となっていただくメンバーを大募集します。
大事にしているのは「自分で考え、実行していく」こと。色々なアイデアはあるのに実現できる場がなかった方、
責任のある仕事にもどんどんチャレンジしていきたい方など大歓迎です。

RECRUIT 採用情報

病児保育シッターさんのインタビュー

  • 田島さん(ひみつ) 主婦 週4日勤務 

    保育士補助とベビーシッターの経験を生かし、回復に努めるシッティングを心掛けています。
    お世話になった小児科の先生にお話を聞きながら、回復期のお子様と無理せず遊べるよう配慮しています。


    くわしいインタビュー記事はコチラ

    河原さん(50代前半) 主婦 週4日勤務

    自身の子育て経験を通して、病児保育の必要性を実感しました。
    病児保育は一期一会の出会いだと思っていましたが、ありがたいことに指名を頂ける機会が多く、嬉しく日々のやりがいに繋がっています。


    くわしいインタビュー記事はコチラ

    F.Sさん(60代前半) Wワーク 週2~3日勤務

    病児保育を受けてもらえるところの少なさから、困っている保護者様の助けになればと思います。保護者様からの直接のありがたい言葉が多く、違う角度から支援できるよう研修や勉強をしています。


    くわしいインタビュー記事はコチラ

    羽賀さん(30代) Wワーク 週3日勤務

    児童福祉施設でお子様に関わってきた経験を生かし、お客様の声を直接聞きながら一人ひとりと密に関わっています。「ぜひまた貴方にお願いしたいわ」とご指名をいただけることが嬉しいです!


    くわしいインタビュー記事はコチラ

病児保育シッターさんの声
【シッティングで嬉しかったこと・やりがいは何ですか?】

  • 大塚さん

    帰るときに保護者の方から「安心して仕事ができました。ありがとうございました」とお言葉を頂いたり、お子様に「また来てね!」と言われたりするとやりがいを感じます。

    伊東さん

    お子様から「もう帰るの~?」と終了時に言ってもらったこと。
    短い時間でも自分に慣れてくれたことが嬉しかったです。

    丸山さん

    指名を頂けるととてもやりがいを感じます。

    渡部さん

    お母様から「丁寧な対応のおかげで仕事に集中できます」とお話頂いたことです。

    西本さん

    終了後にお子様の様子を引き継いだ際に、お礼の連絡をいただいたこと

    細川さん

    お客様からの感謝の言葉をいただいたり、お子様からまた明日も来てほしいと言われると大変嬉しくやりがいを感じます。

通常・さんさんシッターさんのインタビュー

  • 小野さん(50代前半) Wワーク 週2~3日勤務

    ベビーシッターは「先生」という立場ではなく「お母さん」の立ち位置に近く、一人一人にじっくりと関わることができるので喜びややりがいも多いです。


    くわしいインタビュー記事はコチラ

    N.Kさん(60代後半) 主婦

    お子様の親代わりとして、家事代行の勤務経験を生かしながらお母様のお手伝いをさせていただいています。「美味しかった」「助かった」と笑顔で喜んでもらえることがやりがいです。


    くわしいインタビュー記事はコチラ

通常・さんさんサポートシッターの声
【シッティングで嬉しかったこと・やりがいは何ですか?】

  • 常見さん

    担当しているお子様が、朝お伺いすると手を伸ばして抱っこを求めてくれること。

    山口さん

    久しぶりにシッティングで行った時に、お子様に顔と名前を覚えてもらっていたこと

    竹内さん

    いつも会っていてまたすぐお伺いするのに、シッティング終了時にお子様が泣いてくれたこと

居宅保育シッターさんのインタビュー

  • 菱沼さん(60代前半) 主婦 週2~3日勤務

    夢の1対1保育により、私自身自分の保育を楽しく実現できています。その子の心に寄り添い、生活のリズムに合わせた保育による成長を喜べることが魅力的で、何よりの嬉しさでもあります。


    くわしいインタビュー記事はコチラ

    飯島さん(50代後半) Wワーク 週4日勤務

    お子様の成長を個別でサポートでき、家族の一員になったようで日々楽しさを実感。保育園とは違い、その子に合ったリズムで毎日楽しく過ごしていると感謝されております。


    くわしいインタビュー記事はコチラ

居宅保育シッターさんの声
【シッティングで嬉しかったこと・やりがいは何ですか?】

  • 増住さん

    日々、子どもの成長を感じられたり保護者の方から感謝されたり信頼していただけるのが、とても嬉しいです。

    木村さん

    子どもとのやりとりの中で、子どもが意図していることを理解できて、それを返して喜んでもらえたこと

    山﨑さん

    子どもの成長を見れるのは嬉しいです。成長の記録を写真で随時保護者の方にもお渡ししているので喜ばれます。

    國谷さん

    子ども達が日々成長していくので、毎日出来ることが増えること
    またそれをお母様お父様に共有して喜んでいただけると嬉しいです。

    板倉さん

    安心してお子様をお任せ頂いて、すべてを任せていただけることは嬉しいことだと思っています。

    星野さん

    今まで出来なかったこと(例え手づかみ食べ)が急にできるようになったと、保護者の方から聞いたとき
    またそのような成長を目で見れたとき