放課等後デイサービスとは

放課後等デイサービスは、2012年4⽉より始まった事業です。
児童福祉法としての事業で、「放課後デイ」「放デイ」とよく呼ばれます。

学校通学中の児童に対して、放課後や学校休業⽇(⻑期休暇を含む)において、
⽣活能⼒の向上のための訓練などを継続的に提供することにより、
学校や家庭とは異なる時間、空間、⼈、体験等を通して、
⽀援を必要とする障害をもっているこどもたちをサポートする施設です。

誰が利用できるの?

対象児童は、学校教育法に規定する学校(幼稚園、⼤学を除く)に就学している障がい児。

6歳〜18歳までの⼩学⽣から⾼校⽣までが主な対象になっています。

生活スキルの定着

生活スキルの定着

事務所での生活やプログラミングを通して、その人らしさを大切にした生活を送る基礎づくり、生活スキルの定着を図ります。

職業との出会い

職業との出会い

将来との就労に向けての見通しを持つ活動として、職場体験プログラムの実施、保護者に就労イメージを掴んでもらうために、子どもとの見学の実施します。

就労スキルの定着

就労スキルの定着

子どもたちが社会に羽ばたく時、職業選択の幅を広げるために、必要となる多くのスキルの定着を図ります。

子育ての支援

子育ての支援

子育てに悩みを抱える保護者を常にサポートできるように、日頃から子育てに寄り添える事業運営を行っていきます。

運営理念

社会とのつながるための力を育てることを目指し、 家族で未来を描ける施設の運営を行います。

マルシュの運営方針

運営方針

10年後の子どもたちの姿をイメージして支援します

今までできないことより、その子らしさを活かして生きる力を身につけられるように支援していきます

自己肯定感を高められるよう、支援していきます

ル・アンジェの想い

私たちは、未来ある学齢期の子どもたち
一人ひとりが歩んでいくための応援を全力でしていきます。

いつか社会へ旅立つときに、できることや自信もって歩んでいくことができるように、マルシェでは様々な経験や失敗を重ね、一人ひとりのペースを大切にし、その子の価値を創造します。

社会に出て、自ら考え、自ら行動することの達成感や充実感は人生をより豊かにしていきます。

その子らしさに寄り添い、ともに喜びあえる場所が「マルシュ」です。

施設情報