北海道の節分★

2月3日は節分の日です。

保育園やご家庭で恵方巻きを食べたり豆まきをする人も多いかと思います。

豆まきの豆といえば大豆が一般的ですよね。

ですが、地域によっては大豆を使わないところもあるんです!

北海道や東北地方では節分に大豆ではなく「落花生」を使います。

 

 

 

 

 

 

なぜ大豆ではなく落花生を使うのでしょう?

それは・・・

・家の中や外でまいても大豆より大きいので見つけやすい

・殻にくるまっているから拾って食べる時に衛生的である

・落花生の方が油分が多くカロリーが高いので、寒い冬を乗り越えるための栄養補給源として大豆より優れている

などが理由とされています。

ちなみに、落花生は殻の状態を1つと数えるので実際には年の数より多い豆を食べることになります( *´艸`)

そのほかにも北海道では、チョコなどもお菓子をまくこともあります。

開拓精神が息づく北海道ならではの文化ですね。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから