インフルエンザの季節になりました・・・

12月も中旬になり、ようやく冬っぽくなってきました。少しずつ寒くなってきましたが、インフルエンザの流行が心配です。

日本医師会、日本大学薬学部などの情報によると、12月7日現在大阪では寝屋川市、堺市、岸和田市の順に罹患者が出ています。インフルエンザ対策は急を要します。

厚生労働省から平成30年度版の総合対策の記事がアップされました。

1,咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。マスクを持っていない場合は、ティッシュや腕の内側などで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて1m以上離れましょう。咳エチケットは、「周囲にウイルスをまき散らさない効果があるだけでなく、周りの人を不快にさせないためのマナーにもなります。

2, 鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨て、手のひらで咳やくしゃみを受け止めた時はすぐに手を洗いましょう。

3, 咳をしている人にマスクの着用をお願いしましょう。

4,薬局やコンビニエンスストア等で市販されている不織布(ふしょくふ)製 マスクの使用が推奨されます。

お子様がインフルエンザに罹患したら大変ですよね。そのときはル・アンジェの病児保育サービスをご利用ください。

■要約

今回の大阪ブログは、日本医師会による大阪の罹患者についてと厚生労働省からのインフルエンザ対策の記事です。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから