保育ニュース~誤飲事故について~

誤飲事故について

 

厚生労働省は、2016年度に起きた家庭での子どもの誤飲事故の原因のうち、たばこが20.2%で最多だったと発表しました。たばこは3年連続で最多となります。誤飲した年齢は、6~11ヶ月児が29.3%と最多で、12~17ヶ月が17.9%、3~5歳が16.1%、入院をした事例は41件あったが、死亡事故はなかったとのことです。

!シッティングでの注意点!

○シッティングの前には、たばこに限らず、小さいものが部屋に落ちていないか確認をする

○部屋以外でも、特に公園や、道路にはたばこがよく落ちているので注意する

お子様は興味のあるもの、何でも口に入れてしまいます。

十分に注意してシッティングを行いましょう。

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから☆