シッティングPOINT~乳児の吐き戻しについて~

乳児のシッティング中、ミルクを飲んだ後、吐き戻しがあり、びっくりしたことはありませんか。

乳児の吐き戻しは、1日何回も吐き戻しをしても、体重が増えていれば問題なし!と言われています。回数や量が多いと心配になりますし、お着替えも多くなり大変ですね。

今回は、少しでも吐き戻しを防止するための対策をご紹介します。

◎縦抱きで授乳する

◎授乳中もゲップをさせ、休み休みゆっくり飲ませ、一気飲みを防ぐ

◎ゲップをしっかりさせる※しばらくは頭の位置を高く、様子を見ながら縦炊きが良い

◎授乳後寝かせる時は、右側が下になるように寝かせる※胃に繋がる出口が右側なので、スムーズに消化できる

吐き戻しが気になるお子様に、ぜひお試しください。

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから☆