【1時間150円で利用できる】東京都ベビーシッター利用支援事業とは

【1時間150円で利用できる】東京都ベビーシッター利用支援事業とは

2021.02.22

お知らせ

東京都ベビーシッター利用支援事業って知っていますか?

 

東京都が掲げる「待機児童対策」のなかのひとつで、待機児童になってしまったご家庭向けて、お子様が保育園などに入園できるまでの間、保育園の代わりとしてベビーシッターを利用した場合に助成金が給付される制度です。

 

ル・アンジェは令和元年(2019年)に東京都ベビーシッター利用支援事業者として認定されました。

このページでは東京都ベビーシッター利用支援事業の概要と、ル・アンジェでの利用方法をご紹介します。

東京都ベビーシッター利用支援事業とは?

待機児童となった0~2歳児のお子様のいる方、もしくは1年間の育児休業の後復職する方を対象に、お子様が保育所などに入所できるようになるまでの間、

 

1日8時間・月160時間まで、もしくは1日11時間・月220時間まで、1時間150円でベビーシッターを利用することができる制度です。

どんな家庭が対象になるの?

以下の①~③の条件をすべて満たす方が対象になります。

ベビーシッター利用支援事業を実施する区市町村にお住まいの方※1

以下の①または②に該当する方

お住まいの区市町村から、本事業の対象者である旨の通知書を受け取った方※2

※1
お住まいの区市町村が、令和3年度に本事業を実施する予定があるかどうかについては、各区市町村の保育主管課に直接お問い合わせください。

※2
対象者の詳細な要件は、各区市町村が上記❷の①・②の中でそれぞれ設定します。
区市町村によっては、①または②のどちらかのみを対象としたり、所得制限等の条件を上乗せしている場合がありますので、詳細は各区市町村の案内の内容を必ず確認してください。

どんな事業なの?

待機児童の保護者または育児休業を1年間取得した後復職する保護者が、お子さんが保育所等に入所できるようになるまでの間、東京都ベビーシッター利用事業の参画事業者として東京都の認定を受けた認可外のベビーシッター事業者(ル・アンジェも含まれます)を 1時間150円(税込)で利用できる事業です。

保育時間は?

月曜日から土曜日までの午前7時から午後10時までのうち、

保育短時間認定の方は1日8時間までかつ月160時間まで、保育標準時間認定の方は1日11時間までかつ月220時間までご利用頂けます。

※日曜日、祝日・休日及び年末年始(12月29日~1月3日)はご利用できません。

どんな保育が受けられるの?

認定事業者が派遣するベビーシッターが、対象児童の保育を行います。
保育場所は、対象となるお子様の自宅に限定し、家事援助、兄弟姉妹の送迎、その他の付随サービスは含みません。

現在の対象自治体

令和3年3月度までは、本日現在、新宿区、台東区、品川区、目黒区、大田区、渋谷区、中野区、北区、荒川区、板橋区、葛飾区、江戸川区、三鷹市、府中市、国立市、福生市、狛江市、東大和市、武蔵村山市が東京都ベビーシッター利用支援事業を実施しています。

 

お住まいの区市町村が、今後本事業を実施する予定があるかどうかは、区市町村の保育主管課に直接お問い合わせください。

ご利用の流れ ーお申し込みからル・アンジェを利用するまでー

STEP① お住まいの市区町村に、ベビーシッター利用支援事業を利用できるか確認する

この事業の利用対象者と認定された場合は、お住まいの市区町村から、ご自身が対象者である旨の通知が届きます。利用を希望される場合はその旨を市区町村にご連絡ください。
※通知・ご連絡の方法等は、区市町村により異なります。詳細はお問い合わせください。

 

STEP② 希望の事業者に申し込む

東京都のホームページに記載されている認定事業者の一覧の中から、希望の事業者を選択して連絡します。

ル・アンジェにご連絡頂いた場合「東京都ベビーシッター利用支援事業」をご利用になりたい旨をお伝えください。

TEL:03-3477-1287 Mail:info@leange.co.jp 担当:大塚・清水

STEP③ ご説明

東京都ベビーシッター利用支援事業をご利用するにあたって、ル・アンジェの会社概要から、保育内容について担当コーディネーターが詳しくご説明させて頂きます。お電話だけでなく、訪問やオンラインでのご説明も可能です。ご希望の方は一緒に無料体験保育もご利用頂けます。

 

STEP④ 契約

事業者との面談等を経て契約が成立します。お申し込み・ご契約にはお住まいの市区町村が発行する「対象者確認書」のご提出が必要です。

 

STEP⑤ 市区町村にてアカウント発行申請
契約が成立したら、契約書を持って市区町村の窓口へ。利用約款への同意書にサインをして、専用システムを利用するためのアカウントの発行を申し込みます。後日アカウントが郵送で通知されます。

▼ ここまででご利用までの準備は完了!

STEP⑥ 保育開始!利用当日、助成券コードをベビーシッターに伝える

ご利用の際、専用システムから発行した助成券コード(番号)をベビーシッターに伝えてください。

後日、ご利用者には利用者負担額と保育者の交通費のみが請求されます。

 

ル・アンジェの「東京都ベビーシッター利用支援事業」の特徴

① 契約前に「無料体験保育」ができる

ル・アンジェでは、ご契約前の無料体験保育を実施しております。
お子さまを安心してお預かりさせて頂くため、実際の保育現場を見て頂き、保護者様の不安を解消する場を提供しております。体験保育をご利用頂いた保護者様からは、「実際の保育現場を見られて良かった。」「安心して保育をお願い出来る」等、多くの利用して良かった!との声を頂いております。

② 少人数の保育チーム制

お子様1人に対して担当保育者は2~3人の少人数のチーム制なので、保育者間の情報共有が徹底され、常に愛情に溢れた保育を行えます。

 

③ル・アンジェ独自サービス病児保育にも対応

通常お子様の急な発熱時などは、保育はお休みとなりますが、ル・アンジェは独自の「病児保育」サービスがあるため、同じ保育者がそのままお子様をお預かりできるので安心です。 ※別途任意でのご契約が必要です。

参考

ベビーシッター利用支援事業について(東京都福祉保健局)

東京都 利用案内パンフレット(東京都福祉保健局)※PDF

令和3年度 利用約款(東京都福祉保健局)※PDF

 

※令和2年12月21日に閣議決定された令和3年度税制改正の大綱において、国や自治体からの子育てに係る助成について、子育て支援の観点から、非課税とするとされました(令和3年分以後の所得税について適用)。
内容は、令和3年度税制改正(案)のポイント(PDF)をご覧ください。

資料請求・お問い合わせ

【資料請求・お問合せはこちら】
Tel : 03-3477-1287
受付時間/9:00~18:00(土日祝除く)
E-mail : info@leange.co.jp
担当 : 大塚・清水

LINEからもお問い合わせ可能です!
※お友達登録後、お問い合わせ頂けます。

友だち追加