ニュース~ドラム式洗濯乾燥機~

大阪府堺市で1月27日、5歳の男の子がドラム式洗濯乾燥機の中でぐったりしているのが見つかり、その後死亡した。と先日ニュースで報じられました。

洗濯乾燥機は内側から開かない構造のもので、男の子が中に入ったあとドアが閉まり、閉じ込められ、窒息死した可能性が高いとみられている。ドラム式洗濯乾燥機では、2015年にも東京都で、当時7歳だった男の子が同様の事故で死亡している。海外でも類似の事故は発生しているほか、朝日新聞の調査によると、2013~14年にかけても3件の事故がおきており、2~5歳の子どもが亡くなっていたという。

【お子様を守るために出来ること】

  • 使っていない時でも、ドアは必ず閉めること
  • ドアが開かないようにするチャイルドロック機能を利用すること
  • チャイルドロックがない場合は、ドアにゴムバンドをかけるなどの工夫をすること
  • 踏み台になるような、洗濯籠などは近くに置かない

シッティング中の場合、目を離さない距離での対応ではありますが、必要以上に近づけないことが重要です。

十分に注意をして、お子様の安全第一のシッティングを心がけましょう。

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェのHPはこちらから☆