シッティングPOINT~お座り期~

本日は、おすわり期7か月~9か月のシッティングPOINTをお伝え致します。

【7か月】

おすわりがちゃんとできるようになり、両手を自由に動かせるようになります。好奇心が広がり、欲しいものの方を見て「あ!あ!」などと声を出したりすることもあります。中には人見知りが始まる子もいます。

~トントントン~

赤ちゃんの手にとって、空き箱や缶などを一緒に叩いてみます。「トントンって音がしたね~」と声をかけてみたり、リズムをとってみたり。自分が働きかけた結果、音が出るということが、赤ちゃんにとっては新鮮な体験となります。

【8か月】

ずりばいなどで興味のあるものの方へ自分で移動するように。好奇心も高まり、探索行動が盛んになります。相手の気持ちを読み取るのが上手になり、笑う、泣くなど、自分の感情表現よりも豊かになります。

~ギッタンバッタン~

膝を伸ばして座り、赤ちゃんを向かい合わせで膝の上に座らせます。しっかりと手を繋いだままゆっくり「ギッタンバッタン」と声をかけながら、かがんだり起こしたりします。前後への大きな動きが楽しい遊びです。激しく急な動きにならないように注意しましょう。

【8か月】

ハイハイをする子が多くなってきて、後追いをすることもあります。積み木を打ち合わせるなど、手指を使って出来ることも増えてきます。欲しいものを手で示すなど意思表示も盛んになってきます。

~くずしてみよう~

積んであるものを崩す遊びが赤ちゃんは大好きです。一瞬で形が変化したり、音が出たりするのが面白いのです。まだ積むことは出来ないので、崩れても危険のないおもちゃを大人が積み、最初は赤ちゃんの手をとって一緒に崩してみましょう。

立つことが出来たり、ハイハイが出来るようになるとますます目が離せなくなっていきます。お子様の安全を第一にシッティングを行しましょう。

ル・アンジェHPはこちらから