命の誕生

先日、四半世紀来の私の友人に待望の赤ちゃんが誕生しました。

母子ともに健康でいてくれて本当に安心したと共に、出産はママはもちろん、赤ちゃんも一生懸命この世界に出てこようと頑張るどちらにとっても人生の大仕事であり、二人で乗り越える初めての共同作業だと改めて感じました。

あかちゃんは泣いても、寝ていても、何をしても可愛く、いとおしく感じるとともに、今この世に、そして、友人夫婦の元に元気に生まれてきてくれた赤ちゃんに偉大さをも感じました。

妊娠や出産、家族になることは、当たり前のようで当たり前ではない、普通のようで普通のことではなく、それぞれの家族にとってそれぞれの奇跡だと感じます。

その大切なお子さまを預かる私達は、一人一人の命の重みをより感じながら、保育に関する知識と経験に厚みをもたせるために日々精進し、なによりそれぞれのご家族の思いを大切にしていかなければと、生まれたばかりの赤ちゃんですが私にたくさんの気づきをもたらしてくれ、新たな気持ちにさせてくれました。

■命の重みとシッターの責任について■

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら☆