奇跡の果実 ハスカップ~ル・アンジェ札幌~

 

 

 

 

 

 

北海道では、初夏から丸みを帯びた円錐形で青紫の宝石のようなハスカップの実が、枝一杯たわわに成ります。

 

ハスカップ農家育ちでしたので、子供の頃から甘酸っぱく、真っ赤な果肉と果汁が大好きでした

 

自生しているのが北海道と本州以南の高山のみと知ったのは大人になってから

(皆が食べていると思っていました!)

 

ハスカップの名は、アイヌ語 ハシカプ(枝の上に沢山成るもの)に由来しているそうです

 

和名は、クロミノウグイスカグラ(黒実鶯神楽)

 

《不老長寿の秘薬》として古来から食されていたそうで

 

ビタミンC・E

アントシアニン

カルシウム

鉄など

他の果実では、比べ物にならない程の高い栄養価があり

若返りと視力改善にも効果があるそうですね

 

見た目は、ちょっとブルーベリーに似ていますが、とてもデリケートな形状なので流通に適さず、北海道でも店頭で見かけたら大ラッキーです

 

薄い皮の実を潰さないように一粒づつ丁寧に実を摘んでいきます

 

真っ赤な果汁は、バニラアイスクリームやヨーグルトに混ぜると、うっとりするような美しい色に変わります

 

お砂糖など甘味を足すとお子様も喜ぶスィーツに♪

 

実を冷凍にして暑い夏は、そのままカリカリするのがお勧めです

 

ハスカップを用いたお菓子は、

よいとまけ、ハスカップジュエリーなど

最近は、飲み物も見掛けるようになりました

 

新千歳空港ターミナルビル2階《ハスカップ》という専門店もございます

 

 

 

 

 

 

 

まだ、知名度が低かった20年前から創業されているそうです

 

北海道へお越しの際は、是非、奇跡の果実   ハスカップをお楽しみください

~ル・アンジェ北海道~

。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。*。

ル・アンジェでは夏のイベントを開催!涼しいお部屋で楽しく過ごそう!

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら