子どもの視点~きらきら~

先日ベビーシッティングで伺った際に驚かされることがありました。

もうすぐ2歳になる男の子。言葉もたくさん出始め、おしゃべりが大好き!

夕方、ご自宅近くの公園にお散歩に行くと

「みてみてー!きれいー」と紫陽花がある方を指さし、教えてくれました。

そこで、手を繋いで傍まで近づいて見ることにしました。

「本当だ!綺麗な紫陽花だねー。何色かな?」とシッターが聞くと、

「きらきら!」

青や紫という言葉出てくると思っていたのに、きらきらという素敵な表現に、思わず頬が緩んでしまいました。

 

ですがお子様がきらきらといったのは、紫陽花の花が「きらきら」だったからではありません。

お子様の隣に一緒にかがんで見てみると、アジサイの葉っぱに雨の水滴が残っていて、それが光に反射して「きらきら」している事を教えてくれたのです。

「あ!本当だ!雨できらきらして、綺麗だねー」

とシッターが言うと、「自分が見つけたんだぞ!」と得意げな姿がありました。

ついつい花の色に注目しがちですが、子どもの鋭い視点に驚き、感心しました。

 

こうした可愛いお子様たちの発見に驚かされたり、感心させられたりと楽しく関われる事ができるのはベビーシッターの魅力だと改めて感じました。

 

詳しくベビーシッターについて知りたい方は★コチラ★

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら