~病児保育日記~

先日、豊島区の病児保育に行ってまいりました!

2歳の笑顔がとってもかわいい女の子です♪

病後児でお熱も平熱なので、元気いっぱい。話せる言葉が多くなっている時期で、一生懸命伝えてくれようとする姿が愛らしいです。

お昼ご飯の途中でもおしゃべりが楽しくなってしまって食事が進まなくなってしまい「遊んじゃうならごはんおしまいだよ」と声をかけると「たべる!」とニコーっと笑って再開です。ゆっくり1時間かけて完食できました。

午後は塗り絵をしたり、ブロックで遊んだりしました。

マネをするのがブームのようで私のポーズを真似したり、カラオケで「犬のおまわりさん」何度も歌ってくれたりと思わず笑みがこぼれてしまいます。

一日お熱も上がることなく、元気にすごせて一安心の一日でした。

この日のように平熱で治りかけの病児保育の際も油断は禁物です!1時間おきに体温を測り、水分を適宜勧めていきます。子どもは夕方以降にお熱が上がることも多く、汗をかきやすいため脱水症状になりやすいのです。

病児保育は病気のお子様のお預かりのため、大変な時も多いお仕事です。ですが、お子様の笑顔やお客様が安心してくださる姿をみるととてもやりがいを感じます。これからも頑張っていきたいと思います。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから