楽しい日々をありがとう。*。

1歳3か月の男の子の担当になって、今月でちょうど一年がたちました。

保育者も土地勘がまったくなくて、おそるおそる初めて公園に行ったことが思い出されます。
おぼつかない足取りにひやひやしながら、果敢に高い場所やすべりだいによじのぼって挑戦していましたね。

最初のころはどうしたら喜んでくれるのか、いろいろ試してみても、なかなか気に入ってもらえなかったり、
毎日のリズムを一緒にすごしていくときも、うまく誘導できずに悩んだこともありました。

けれど、一緒にすごしていくうちに、彼のペースもわかってきて、彼のほうも保育者を信頼してくれるようになりました。


お外遊びが大好きになってくれて、毎日どこに行こうかと、方向音痴の保育者につきあってあっちこっちと過ごしました。(迷ってたどりつけなかったこともありましたね、ごめんね!)

ようやく近隣のあそび場が把握できるようになり、ほかの居宅のお友達の担当者とも連絡をとりあい、一緒に遊ぶことができるようになりました。
2歳をこえて急激に言葉も増えて保育者、お友達とのコミュニケーションも楽しんでいるようです。お友達と一緒に遊ぶ機会ができて本当によかったなと思っています。

遊びの上でも、想像力を働かせ、自分なりの遊ぶを発見しているようすです。
この一か月で一番たのしく、発展した遊びは公園でのかくれんぼ。

彼なりのルールを自分でつくっていてそれから外れると保育者が怒られます。隠れている保育者に姿がみえないような遠回りのルートを自分で考えて、
後ろから「ばあ!」っと驚かせるのが面白くて大笑い。思いもよらない複雑なルートを通ることもあり、そこを通るのかとびっくりすることもありました。

彼の笑顔が大好きでした。

みんなにやさしくて、おもいやりもあり、小さい子を気にかけている様子もありました。
これからもっとたくさんの出来事や、いろんな人たちと出会い、新しい発見があると思います。

彼ならこれからも楽しい素敵な毎日を送ることでしょう。これからも笑顔でごはんをいっぱい食べて元気な毎日を送ってね。

ベビーシッター・病児保育サービスを知りたいなら

居宅保育を知りたいなら

ベビーシッターとして働きたいなら
保育スタッフとして働きたいなら

江東区 居宅保育担当N・Mより