春の草花【福岡ベビーシッターブログ】

福岡ではすっかり桜の花びらが落ちてしまい葉桜となり始めました。

もみじも美しい緑色で新緑の季節へと向かっています。

草花もたくさん咲いていてとてもかわいらしいです。

よく見かける草花についてご紹介します。

黄色い花はみなさんご存知のたんぽぽです。漢字では蒲公英と書きます。

英語ではダンデライオンですが、ギザギザした葉っぱがライオンの牙に似ていることから名づけられたのだそうです。

小さくて青い花はオオイヌノフグリです。別名を星の瞳と呼ばれるそうです。

そのように捉えるととても素敵ですね。

赤い花はホトケノザです。

仏様の台座に形が似ているからその名がつけられたそうです。

この花は子どもの頃に友達と一緒に蜜を吸っていた思い出があります。

なお、七草粥に含まれるホトケノザとは別物との事です。

子どもたちに草花の名前を教えたり、ちょっとした豆知識を教えるとお散歩のときなどにまた違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから☆