衣替えの季節◆広島ベビーシッターブログ◆  

5月から6月にかけて衣替えを始めるご家庭が出てくる時期だとおもいます。

学校も、冬服から夏服へと衣替えをし軽くなった服装で

登校しはじめる頃になりました。

まだ、朝は肌寒く気温差で風邪などを引いたりする子供達が

出てくるかもしれませんが体調には気をつけて、登校・登園したいですね^^

そこで、ちょっと小話で衣替えの由来についてお話しようとおもいます♪

~衣替えの由来~

中国の宮廷で、旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を入れ替えていたことから始まった習慣です。

日本へは、平安時代頃に伝わり、室町時代から江戸時代にかけて、四季に合わせて式服を替える習慣が定着しました。

当初は、貴族社会だけの習慣で、

年に2回、夏装束と冬装束に替えるだけでしたが

江戸時代の武家社会では年に4回になり、期間も着るものもそれぞれ定められていました。

・4月1日から5月4日までが袷(あわせ)という裏地付きの着物


・5月5日から8月末までは帷子(かたびら)という裏地なしの単衣仕立ての着物を着用


・9月1日から9月8日までの1週間程、また袷を着用


・9月9日から3月末までは綿入れ(表布と裏布の間に綿を入れた着物)を着用

このように細かく定められていたそうです。

明治維新で新暦が採用されると、

夏服は6月1日~9月30日、冬服が10月1日~5月31日となりました。

学校や官公庁、制服のある会社などは

現在もこの日をめどに衣替えを行っています。

こういった細かく決められた衣替えがあるとは知りませんでした。

今じゃ、半そで・長袖そして上着を着て調節するだけなので

本当に楽になりましたね^^

体調を崩さないよう自分や家庭内で気をつけながら日々過ごしていきたいですね♪

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら☆

こどもの日◆広島のベビーシッターブログ◆ 

5月5日といえば、「こどもの日」なのですが

子供が生まれてはじめての節「初節句」と言い、

女の子は3月3日の「桃の節句」

男の子は端午の節句が初節句になります。

日本では、5月5日に初節句を迎える男の子にむけ、

鎧兜や五月人形を贈る風習があります。

鎧兜は古来の武士が身につけていたように自身の身を守るもの。

そのため、端午の節句で飾る鎧兜には、子供が事故に遭ったり

病気になったりせずに安全に過ごせるような願いが込められています。

こういった男の子が主な対象とされやすいですが

法律で定められた「こどもの日」とは

本当は男女どちらの子供も対象となる日とされています。

そんな中「こどもの日」は

各施設がこども料金は無料として開放さてれており

動物園・スポーツセンター・水族館

など、家族や友達と沢山遊んだこととおもいます^^

GWも終わり、また普段の生活にもどりましたが

怪我や病気などに気をつけながら

次にやってくる夏に向けてがんばっていきましょう♪

■こどもの日の由来■

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら☆

新元号◆広島のベビージッターブログ◆

とうとう、新元号が発表されましたね!

「令和」

昭和生まれの私からしたら、3つ目の元号です。

そして、今の子供達にとっては2つ目。

なんだか不思議な感覚ですよね!

今回、子供達の間でも新元号が何になるか

とてもきになっていたようで、友達同士で予想を立てていたそうです。

どうやら、それはハズレてしまったようですが

今年生まれてくる赤ちゃん達は平成生まれの子と

令和生まれの子と、これもまた不思議な感じです^^

平成もよかったですが、令和もとても綺麗な響きなのでいいですよね♪

これからの新しい時代とても楽しみです

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら☆

地震と防災について

東日本大震災からまもなく8年になります。

沿岸部では、まだまだ復興が進んでいないように感じますが、比較的被害が少なかった仙台市中心部では、平常通りの町並みと賑わいのように思います。

先月末の政府の発表によると

※宮城県沖のプレート間巨大地震の発生確率は

10年以内→9% 20年以内→20%

ちなみに、マグニチュード8を超える規模のもの。

(東日本大震災は、マグニチュード9.0だそうです。)

※宮城県沖のひとまわり小さいプレート間地震

10年以内→50%程度 20年以内→70〜80%

このように、マグニチュード7.0以上の地震の発生確率はかなり高くなります。

やはり、常に備えは必要だという事を改めて感じました。

※ 家庭での非常持ち出し品の、定期的確認

・ラジオや懐中電灯は、きちんと使えるか。

・子ども用のオムツのサイズ、常備薬のチェックなど。

※家庭の備蓄品の確認

・食料や水の期限は切れていないか。

・乾電池など劣化していないか。

・ウェットティッシュ、おしりふきなどは乾燥していないか。

各家庭で、意識して備えておく事が、何より大切だと思います。

非常食としてではなく、普段からレトルトや、フリーズドライタイプの物を、ローリングストックする方法もおすすめです。(備える→食べる→買い足す)

またアウトドア用品も、いざという時役立つので、家族でキャンプをして、電気、ガス、水道が自由に使えない状態で、過ごして考えてみるのも、良いかもしれませんね。

 

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

北海道の節分★

2月3日は節分の日です。

保育園やご家庭で恵方巻きを食べたり豆まきをする人も多いかと思います。

豆まきの豆といえば大豆が一般的ですよね。

ですが、地域によっては大豆を使わないところもあるんです!

北海道や東北地方では節分に大豆ではなく「落花生」を使います。

 

 

 

 

 

 

なぜ大豆ではなく落花生を使うのでしょう?

それは・・・

・家の中や外でまいても大豆より大きいので見つけやすい

・殻にくるまっているから拾って食べる時に衛生的である

・落花生の方が油分が多くカロリーが高いので、寒い冬を乗り越えるための栄養補給源として大豆より優れている

などが理由とされています。

ちなみに、落花生は殻の状態を1つと数えるので実際には年の数より多い豆を食べることになります( *´艸`)

そのほかにも北海道では、チョコなどもお菓子をまくこともあります。

開拓精神が息づく北海道ならではの文化ですね。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

【保育ニュース】~防災週間~

今週は防災週間です。

9月1日は、今から95年前の1923年に発生した「関東大震災」の日にあたります。「防災の日」は、「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が台風、高潮、津波、地震などの災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備」するために、1960年に内閣府によって制定された啓発日。

さらに、1982年からは、9月1日を含む1週間を「防災週間」と定めており、全国各地で防災訓練などが行われています。

自分でできる災害に対する備えとして、今日は、非常持ち出し品のチェックと安否の確認法についてまとめました。備えのレベルがどれくらいか、自身が用意している持ち出し品と照らし合わせて観ましょう。

こちらをチェック!

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

本日のMenu〜とある日の夕食〜

先日の投稿にもありましたが、明日8/31は【野菜(831)の日】だそうです。

子どもの嫌いな野菜No.1が茄子。私の担当しているお子様も、かつては茄子が大嫌いでした。

けれどどうにか克服し、美味しく食べてもらいたい!という想いから様々な茄子料理を作り、今では茄子の煮浸しもペロリと食べられるようになりました!(ここまでくるのに約4年かかりました…笑)

「茄子好きー!」とはまではまだいかないそうですが(笑)、「おっ!やったー♪」と彼女が言った日の茄子料理。

〜とある日の夕食〜

・茄子の天ぷら

・舞茸の天ぷら

・生ハムとアボカドのサラダ

・肉団子のけんちん汁

〜one point〜

舞茸はお子様が一口でも食べられる大きさに♪茄子は切り込みを入れると「お店っぽ〜い(^-^)」と喜んでくれました♪

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら☆

8月31日~野菜の日(ベジタブルデー)~

8月31日は「8(や)3(さ)1(い)の日」だそうです。

お野菜苦手なお子様も多いのではないでしょうか。

2018年~子供の嫌いな野菜ランキング~

1位 茄子

2位 ピーマン

3位 しいたけ

 

~子供の野菜嫌いは健全な成長の証~

子供が嫌がる酸味や苦み。

酸味は腐敗、苦みは毒をあらわすことから、これらの味を嫌いだと思うのは、自然界で暮らす生き物として必要な感覚。

子供はこの危険センサーがとくに敏感だそうです。

逆に成長するにつれて食べられるようになるのは、何度も繰り返し食べて「食べても大丈夫」と脳が学習するため。

つまり、野菜嫌いを直すには食経験を重ねることが重要です。

 

~おすすめレシピ~

2018年のランキングで子供が嫌いな野菜1位は、茄子でした。

茄子をみじん切りにしてひき肉と5:5の割合でハンバーグにするのがおすすめです(^^)

茄子が肉汁を吸収して、ふっくらジューシーなハンバーグができます♪

8月31日の食卓では是非お子様の苦手な野菜を使ったお料理にチャレンジして、たくさん褒めてあげてください♪

 

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェのHPはこちらから☆

今日は何の日??~6月22日~

本日、6月22日は……

ボウリングの日です!

1861年、長崎・出島の外国人居留地に日本初のボウリング場が開設されたという英字新聞の報道から、1972年(昭和47年)、日本ボウリング場協会が制定したそうです。

梅雨の時期は、なかなか外で遊ぶことも難しいので

ボウリングはこの季節のスポーツにはぴったりなのかもしれませんね!

 

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら

 

 

 

父の日~いつもありがとう~

本日6月17日は父の日です。

最近では、お父さんが保育園の送り迎えをしていたりするお宅も多くなってきていますが、お仕事をしていると、子どもと一緒にいる時間がどうしても限られてきてしまいますね。

ですが、子育てをしている中で、お父さんにしか出来ない役割もあるとおもいます。

そんな、いつも頑張っているお父さんに感謝の気持ちをこめて「ありがとう」を伝えたいですね。

子育てをしている全てのお父様に感謝をこめて。

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから☆