熱中症[大阪ベビーシッターブログ]

最近、気温が30℃前後と厳しい暑さが続いております。

子どもは体温調節機能が未発達、特に汗をかく機能が未熟で体に熱がこもりやすく、体温が上昇しやすいため熱中症に気をつけていただきいと思います。

〈熱中症の症状〉

軽度

⚫️めまい、立ちくらみ、顔のほてり

(一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状)    

⚫️手足の筋肉がつる(筋肉がピクピクと痙攣したり、硬直)

⚫️汗のかきかたがおかしい

拭いても拭いても汗が止まらない・全く汗をかいていない

※水分と塩分の補給

経口補水液、スポーツドリンクなど

中度

⚫️体がぐったりし、力が入らない

吐き気、嘔吐、頭痛、意識の低下

⚫️皮膚が冷たい

※すぐ医療機関に受診、もしくは救急車を呼ぶ

重度

⚫️体温が高くて皮膚を触ると

とても熱い、皮膚が赤く乾いている (40℃前後の高熱がある場合)

⚫️呼び掛けに反応しない、まっすぐ歩けない 

⚫️自分で上手に水分を摂ることが出来ない (無理やり水分を口から飲ませない  )

※すぐ医療機関に受診、もしくは救急車を呼ぶ

〈熱中症が疑われる時の応急措置〉

⚫️涼しい場所へ移動させる

⚫️衣服をゆるめて(脱がす)体の熱を放出させ氷枕、保冷剤などで首の両脇、脇の下、大腿のつけ根を冷やす

⚫️皮膚に水をかける

⚫️濡れたタオルで体を拭く

⚫️うちわや扇子であおぐか、ない場合はタオルか厚紙であおいで風を起こして体を冷やす

⚫️水分と塩分を補給

経口補水液、スポーツドリンク

無理に飲ませない

〈熱中症対策〉

⚫️屋外では、日かげを選ぶ

照り返しの影響

大人より子どもは身長が低いので

大人の顔の位置が32℃の時、子どもの顔の位置は35℃位ある

ベビーカーも地面からの位置が高いものを選ぶと照り返しの影響を受けにくい

帽子、通気性の良い涼しい服

脱ぎ着きしやすい服

⚫️自宅では、部屋の温度、湿度の調節

部屋の風通しを良くし、扇風機、クーラーを使って快適に過ごす

外気温から4~5℃低め

遊びに夢中になっていると、喉の渇き、気分の悪さなど熱中症のサインに気づくのが遅くなるので、休憩、水分補給が大切

(汗や体温、顔色など子どもの様子を気にかける)

日差しがない自宅や屋内は大丈夫だろと油断しがちなので、屋外と同じ対策を意識する

水分と塩分の補給

お茶は利尿作用があり、身体の中の水分を外に出してしまうため適さない

⚫️手軽にミネラルが取れる商品

ミネラル塩サブレ

汗で失いがちな4種のミネラル

(マグネシウム、ナトリウム、カルシウム、鉄分)とクエン酸が補給できるサブレです

これなら小さなお子さまでも手軽にミネラルを補給できるのではないでしょうか

5月20日発売  (期間限定)

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら☆

【ベビーシッターブログ】~手作りすごろく~

先日お伺いしたシッティング先【港区6歳の男の子】で、お子様と一緒にすごろくを作りました。

マスの項目はお子様が考えます。

【サンドイッチを食べて、5000円支払う】

【学校で怒られて2マス戻る】

など、面白い内容のすごろくが出来ました!

作り終わった後は対戦です!面白いマスに止まる度、大笑いでした♪

途中から帰ってきた妹ちゃんも参戦し、さらに盛り上がって遊びました!

おもちゃで遊ぶのも良いですが、紙と鉛筆だけで、こんなに盛り上がれるんだと感じた時間でした★

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

【シッティング日記】~スタンプカード~

定期的にお伺いしている、4歳の女の子と、2歳の男の子。

送迎の帰り道、横断歩道でふざけてしまったり、大きな声を出したりしてしまったり、「歩けない」と地面に座り込んでしまったり…夕方で疲れているのはすごく分かるのですが、2歳のお子様もいるので、なかなか抱っこする訳にもいかず、困っていました。

何か解決策はないかと考え、スタンプカードを作成しました!

いけない事をしても、怒らずに、良い事をした時は誉め、はなまるをあげる作戦に。

すると、カードをはなまるでいっぱいにしたくて、頑張るお子様。2歳の弟も真似して、しっかり歩いてくれます。たまにふざけると、「はなまる欲しい人~」というと注意しなくてもふざけるのをやめてくれるようになりました。

しばらくは、このスタンプカードで乗り切れそうです!

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

シッティング日記~虫取り~

先日のシッティングで、5歳の男の子と虫取りに行きました。

飛び回るトンボはなかなか捕まえられず、セミを捕まえることに。

木に止まっているセミに静かに近づき、サッと虫取り網で捕まえます!

この日は、セミ3匹とバッタ1匹をゲットしました♪

バッタを探している時に、なんと四つ葉を発見!願い事をかなえるといいよ、とお子様と一緒に願い事をしました。お子様は「ドラえもんのポケットが欲しい」とお願いしていました。

捕まえた虫は、逃がしてあげます。ちゃんと木にセミをつけてあげていました。「暑いから気を付けて」とセミの事を気にしていました。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェのHPはこちらから

 

トイレトレーニングが楽しくなる絵本 ~ル・アンジェ仙台~

オムツ卒業に向けて頑張っている親子さん!おトイレで出たり出なかったり…日々一進一退の攻防を繰り広げていることでしょう。今回はおトイレへ向かうのが楽しくなる絵本をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

・といれ(新井洋行)

とてもシンプルでわかりやすい内容です。おトイレの蓋を開けて、オマルを置いて…など、おトイレでどうするのかイメージがしやすくなっています。

 

・とんとんトイレ(作 わだことみ/絵 冬野いちこ)

ページが扉になっています。“とんとん”とノックして開けると、中には可愛い動物が!排泄を失敗しても“次があるから大丈夫!”と、優しく声をかける親動物の姿に目から鱗です。

 

・ぷくちゃんのすてきなぱんつ(ひろかわさえこ)

ステキなパンツでご機嫌のぷくちゃんですが、お漏らししてしまいます。その度にお母さんはぷくちゃんににっこり新しいパンツを出してくれます。今度はステキなパンツを汚さないように…と、ぷくちゃんは頑張ります!

 

どの絵本も“そうそう!”と共感できる部分や“こういう風に受け止めないとね”と参考になる部分があると思います。まずはトイレへの苦手意識をつけないとこ。絵本を読んで楽しい雰囲気を作ってみてはいかがですか?

~ル・アンジェ仙台~


専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら

北海道のエアコン事情 ~ル・アンジェ札幌~

北海道でも気温が高い日もあり、本州までとはいかないものの、30度を超える日も出てきています。

実は北海道の家庭でのエアコンの普及率は低く、30%にも満たないそうです。

というのも、冬の暖房は石油、ガスストーブが一般的なためエアコンが必要ありません。さらに、夏に本当に暑いと感じる時期は7月後半から8月の中旬くらいで30度を超えるのは1週間ほどなため、その短期間のためにわざわざエアコンを取り付ける家庭は少ないのでしょう。

 

なのでこの時期は外出する方はもちろん、室内で過ごす方も熱中症に注意しなければなりません。

特に乳幼児は体温調節機能が大人に比べて未熟なためより注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

<熱中症対策>

☆水分・塩分をこまめにとる

水分を多く含む食事や、定期的な水分補給を心がけましょう。

また、たくさん汗をかいた時は水分と一緒に塩分補給もしましょう。

 

☆凍らせたペットボトルを扇風機の前に置く

そうすることで涼しい風が吹きます。

凍らせたペットボトルをタオルで巻いて直接首や脇を冷やしてもいいですね。

 

☆濡らしてしぼったタオルを冷蔵庫(もしくは冷凍庫)の中に入れる

冷やしたタオルで火照った身体を拭くとすごくさっぱりします!

エアコンがない保育園では冷たいタオルで汗をかいた身体を拭いてからお昼寝をしていました。

~ル・アンジェ札幌~


専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら

折り紙~モンスターズインクの折り方①~

かわいいキャラクターの折り紙のご紹介!

モンスターズインクに出てくるキャラクター、マイクのおり方のご紹介です!

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に折れてかわいいですよ♪

ぜひ作ってみてください!

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

子どもの病気の対応 ~ル・アンジェ福岡~

子供たちはよく熱を出したり感染症をもらってきます。

小さなお子さんは自分で症状を伝えることが出来ません。おうちの方が症状を観察して病院に伝えることも大切になります。

・発熱の時間経過

・咳はどんな音か?

・鼻水の色は?

・発疹が出た場合、熱と発疹はどちらが先か?からだのどの部分からではじめたのか?色、形、大きさ、かゆみがあるのか?

・便の色や水分量は?

など観察して医師や看護師に伝え、便の色が気になる場合は便のついたおむつを病院に持って行くこともありますね。

熱がある時は水分をこまめにとるように注意しましょう!

厚着させず汗をかいたら体をふいて着替えます。

部屋の温度、湿度にも注意します!

 

嘔吐がある場合は吐いたものがつまらないように横向きに寝かせることも大事ですね。

嘔吐の回数が多い、血液が混じっている、コーヒーのかすのようなものを吐いた場合はすぐに病院に行きましょう。

(頭を打った後に嘔吐を繰り返す場合は大至急脳外科のある医療機関へ行きましょう)

家の近くの小児科以外の医療機関や、夜間や休日に小児の診療をしている医療機関の場所を調べておいたり、電話番号を登録しておくなど前もって準備しておくと安心ですね!

この季節も夏風邪が流行りますので、覚えておいてもいいですね!

この夏も元気に乗り切りましょうね!

~ル・アンジェ福岡~


ル・アンジェでは夏のイベントを開催!涼しいお部屋で楽しく過ごそう!

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら

シッティング日記~スイカ~

定期的にお伺いしている、もうすぐ5歳の男の子。

お庭でスイカを育てています。蔓がかなり伸びているのに、なかなか実がならなくて待ち遠しい様子でした。

先週お伺いした時は、お花に小さな実がなっており、

今週お伺いした時は、あっという間に実が成っていました。

 

まだ小さくてかわいいスイカですが、次回お伺いの時に、どのくらい大きくなっているか、楽しみです♩

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

シッティング日記~ひまわり~

杉並区:4歳の男の子

お子様のお庭で育てているひまわりが咲きました!

元気になるお花ですよね♩

お子様は、ひまわりの種が出来るのを楽しみにしています。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら