【ベビーシッターブログ】~おすすめ絵本のご紹介~

まだまだ寒い日が続きますね。春が待ち遠しいです。

そんな寒い日におすすめの温まる絵本をご紹介します。

 

作・絵: もろはらじろう

出版社:鈴木出版

~あらすじ~

ぶるぶる寒い雪の中。うさぎさんが温泉を見つけた。わーい、あったまろう! でも、その温泉はさるさんの温泉。追い出されたうさぎさん、ぶるぶる寒い雪の中、あたたまることができるかな?

ぜひ読んでみてください。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

【ベビーシッターブログ】~すてきな三にんぐみ~

先日、児童文学作家のトミー・アンゲラーが亡くなりました。

有名な作品として、“すてきな三にんぐみ”があります。

 

 

 

 

 

 

 

黒いマントに黒いぼうしの、こわーい泥棒三人組のおはなし。
三人組は次々と馬車を襲い、奪った財宝をかくれがにため込みます。
ある夜、三人組が襲った馬車に乗っていたのは、みなしごのティファニーちゃんだけ。いじわるなおばさんに引き取られるならこの三人組の方がおもしろそう!とかくれがに行きます。宝の山を見てティファニーちゃんがいいます。「これ、どうするの?」
ここからおはなしは意外な方向へ。なんとも素敵なハッピーエンドが待っています。

子どもの頃に読むと怖い!?少し大人向けなイラストです。

読んでみてはいかがでしょうか。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

 

「 おはなし会」の紹介★

絵本の読み聞かせを、毎日せがまれるという親御さんも多いと思います。親子で一緒に絵本を楽しむという経験は、何よりの情操教育なのではないでしょうか。

たまには、他の方の読み聞かせの体験をしてみては、いかがでしょうか?

知っているお話でも、新たな発見や、感動があるかもしれません。

青葉区の市民図書館(せんだいメディアテーク内)での、催しの紹介です。

※おはなし会(絵本の読み聞かせ、紙芝居など)

毎週水曜日、15時〜15時半  2階、おはなしのへやにて。

※ミニミニおはなし会

毎週日曜日、11時半〜11時45分  2階、おはなしのへやにて。

※おはなしパーク

第3土曜日(2月16日)  15時〜15時半

メディアテーク2階、会議室にて。(先着20人)

※おはなしぴよぴよ

第4水曜日(2月27日)

10時10分〜10時40分(2.3歳児と保護者20組)

10時50分〜11時10分(0.1歳児と保護者15組)

11時20分〜11時40分(0.1歳児と保護者15組)

メディアテーク2階会議室にて。いずれも、先着順です。

ぜひ、親子で絵本や紙芝居を楽しんでみて下さい!

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

絵本の謎◆広島ベビーシッターのブログ◆

今日は一冊の絵本の紹介をしたいと思います。

赤ちゃんを子育て中の方なら聞いたことあるとは思いますが

東大赤ちゃんラボが開発した絵本で「もいもい」という絵本です。

なぜ話題になっているかというと、

泣き止ませの効果が期待できる絵本として、とても有名になりました。

一見、カラフルで大人が見ても? となるような絵本ですが

口でコミュニケーションがとれない赤ちゃんにとって

このカラフルで目玉のようなイラストに

目を奪われ、そして 単純な言葉での朗読により

赤ちゃんの興味が集中し、

泣き止んだりすることもあるそうで、

機会があれば是非試してみたいなと思いました♪

本当に色々な絵本がどんどん出てくるので

楽しみが沢山ですね^^

■もいもいの絵本の紹介■

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら☆

【ベビーシッターブログ】おすすめ絵本~おもちのきもち~

おすすめ絵本のご紹介【おもちのきもち】

 

 

 

 

 

 

 

作:かがくいひろし

タイトル通り、おもち(鏡餅)がおもちのきもちを話すストーリーです。
他のおもちたちが食べられていく姿をみて鏡餅は家から飛び出してしまいます。

最後は驚きの展開が待っているとの事です!お楽しみに…♪

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

【ベビーシッターブログ】~節分・おすすめ絵本のご紹介~

おすすめ絵本のご紹介です。

 

 

 

 

 

作・絵/せなけいこ

もうすぐ節分ですね。今日は、節分の絵本をご紹介します。鬼というと怖いイメージですが、この絵本に出てくる鬼は、可愛い鬼なので、読んでいる子ども達も安心です。

豆まきで鬼たちは逃げだしますが、残された可愛いちび鬼は人間の子どもたちと仲良く遊びます。鬼の親分がちび鬼を連れ戻しに、よろいを着て来ますが、豆まきに降参。親分はちび鬼のお父さんでした。心が和む楽しい絵本です。

ぜひ、読んでみてはいかがでしょうか♪

専属ベビーシッターと病児のル・アンジェHPはこちらから

 

 

絵本の世界展◆広島ベビーシッターのブログ◆ 

絵本は本当に昔から親しまれており、今でも色々な絵本を思い出します。

そして、今回ふくやま美術館で

亀山達矢と中川敦子による2人組ユニット「tupera tupera」(ツペラ ツペラ)

の絵本の世界展が開催されます。

「tupera tupera」(ツペラ ツペラ)は、

絵本、雑貨、アニメーション、舞台美術などの各分野で、

幅広く活躍するアーティストです。

紙を切って貼り、さまざまな色と形で彩られるその作品は、

高いデザイン性を持ちながらもユーモアに溢れ、多くの人を魅了しています。

2002年から活動を始めたtupera tuperaは、

『木がずらり』(2004年)を皮切りに、絵本制作で活躍の場を広げます。

2013年、『しろくまのパンツ』(2012年)が「第18回日本絵本賞読者賞」を受賞すると、

同作は「第2回街の本屋が選んだ絵本大賞 グランプリ」など数々の賞を受賞。

つづけて『パンダ銭湯』(2013年)が、「第3回街の本屋が選んだ絵本大賞 グランプリ」を受賞し、

2018年には『わくせいキャベジ動物図鑑』(2016年)が「第23回日本絵本賞大賞」に輝きました。

今やその作品は国内にとどまらず、アメリカ、フランス、台湾など世界11か国・地域で出版され、人気を博しています。

絵本制作と並行してtupera tuperaが大切にしているのが、読者との交流です。

イベントやワークショップに参加するために全国各地を飛び回り、今も図書館や街の書店での活動を続けています。

本展は、そのtupera tuperaの軌跡をたどる、初めての大規模な展覧会です。

代表作である絵本の原画を中心に、

立体やイラストレーション、映像作品など多様な活動を紹介すると同時に、

貼り絵やコラージュを駆使して彩られた、色鮮やかで繊細な手仕事の世界へご案内します。

気になっていたので、行ってみようと思います^^

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

【ベビーシッターブログ】~おすすめ絵本のご紹介~

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

【しっかりはしれば】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者  :五味 太郎(作)
出版社 :クレヨンハウス

「猪突猛進」という言葉がピッタリで、とにかく一直線につき進むいのししくん。まるで前しか見えていないようですが、じつは意外と周りも見えているのです。

最後のオチがなんとも秀逸。ぜひ実際に絵本を手に取り、読んでみて下さい。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

【ベビーシッティング日記】おすすめ絵本~だるまちゃんとてんぐちゃん~

おすすめ絵本のご紹介です。

縁起の良いだるま、冬休みにぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

【だるまちゃんとてんぐちゃん】

 

 

 

 

作・絵:加古 里子 出版社:福音館書店

歴史は古く、50年前からある絵本です。レトロであたたかみのあるイラストと面白おかしいストーリーで昔から大人気のだるまちゃんシリーズの中から、“だるまちゃんとてんぐちゃん”をご紹介します。

~あらすじ~

てんぐちゃんは、ながい鼻、うちわを持っていて、だるまちゃんはいいなあと欲しくなってしまいます。自分で工夫しながら手に入れていっただるまちゃんですが、ながい鼻はどうしても手に入らなくて…。

相手のものを欲しいと思ったら、「どうしようか」と考えたり、だるまちゃんの心理や、それに対する周囲の温かい心がいいなと感じさせられる部分がたくさんあります。お子様に読み聞かせた時に、「もしお友達の持っているものが欲しくなったらどうしたらいいかな?」など話し合える機会が持てると良いですね。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから

でこちゃん★おすすめ絵本

でこちゃん

 

 

 

 

 

 

 

子どもの頃は、まだ美容院には行かずお母さんやお父さんに髪の毛を切ってもらっていた事があったと思います。

ついつい、切られすぎてしまったり

たまに自分で前髪だから・・・と切る時もありますよね。

そんな時思い浮かぶのがこの絵本です。

お母さんに髪の毛を切ってもらったてこちゃんが前髪を切られすぎて

でこちゃんになってしまった・・・と落ち込んでしまうのですが

そこからどんな風に展開していくのか、

とっても可愛いくほっこりするお話なので、気になった方は読んでみて下さい♪

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから