【仙台シッターブログ】~秋の宝探し~

秋が深まり葉っぱと共に落ちてくるものは…そう、どんぐりです。みつけるとついつい拾いたくなりますよね。よく見ると形や大きさの違うどんぐり。よくよく見ると色んな帽子があるみたい。さて、どんな種類があるのでしょうか?

“マテバシイ”


公園でもよくみかけますね。鱗のような帽子です。

“スダジイ”


全体を覆う変わった帽子を被っています。個性派!

“アラカシ”

 

 

 

 

 

 

 

 

関西地方でよくみかけるどんぐりです。
シマシマの帽子!

“シラカシ”


関東地方に多いどんぐり。アラカシと似てますね(O_O)

“クヌギ”


フサフサの帽子がかわいい!

日本には22種類のどんぐりが生息しています。形や帽子だけでなく、それぞれ葉にも大きな違いがあるようです。
鮮やかな落ち葉の絨毯からどんぐりの宝探し…秋のお散歩が一段と楽しくなりそうですね!

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから