【福岡シッターブログ】~残暑を乗り越えた体にあげたい栄養~

今年の夏は、各地で観測的記録を塗り替えるような酷暑が続きました。少し暑さが和らいだ今、夏を乗りきった体をいたわり、元気に秋を迎えるために特に必要な栄養素やその取り方についてご紹介します。

今夏は酷暑だったぶん、冷房の効いた室内との温度差で体調を崩した方も多かったのではないでしょうか?

外が暑いからといって冷房で体を冷やすと、体の表面だけでなく内蔵の温度も一時的に下がるそうです。冷たい飲物をたくさん飲んでも同様の現象が起こります。胃や腸の温度が下がると、栄養の吸収率が下がるとも言われており、食欲がない上に、栄養素の吸収率が悪くなりがちなこの季節ほど、いかに効率的に必要な栄養素を摂取するかが大切になってきます。

特にこの季節に摂取したい栄養素はビタミンB郡です。

 

 

 

 

 

 

ビタミンB郡は、糖質、脂質、たんぱく質が体内で利用されるのに欠かせないビタミンです。豚肉や鶏肉、魚などに多く含まれていますので、そうめんなど単品でさっぱりした料理になりやすいこの季節の料理にこれらをトッピングまたはもう一品として加えてみてはいかがでしょうか。

また、黒酢酢豚や梅干しを入れて炊いた白米、カレー等、体づくりに必要なアミノ酸や疲労回復効果のあるクエン酸、食欲増進を促すスパイスも献立の一品もしくは調味料として加えてみてください。

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから