トイレトレーニングが楽しくなる絵本 ~ル・アンジェ仙台~

オムツ卒業に向けて頑張っている親子さん!おトイレで出たり出なかったり…日々一進一退の攻防を繰り広げていることでしょう。今回はおトイレへ向かうのが楽しくなる絵本をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

 

・といれ(新井洋行)

とてもシンプルでわかりやすい内容です。おトイレの蓋を開けて、オマルを置いて…など、おトイレでどうするのかイメージがしやすくなっています。

 

・とんとんトイレ(作 わだことみ/絵 冬野いちこ)

ページが扉になっています。“とんとん”とノックして開けると、中には可愛い動物が!排泄を失敗しても“次があるから大丈夫!”と、優しく声をかける親動物の姿に目から鱗です。

 

・ぷくちゃんのすてきなぱんつ(ひろかわさえこ)

ステキなパンツでご機嫌のぷくちゃんですが、お漏らししてしまいます。その度にお母さんはぷくちゃんににっこり新しいパンツを出してくれます。今度はステキなパンツを汚さないように…と、ぷくちゃんは頑張ります!

 

どの絵本も“そうそう!”と共感できる部分や“こういう風に受け止めないとね”と参考になる部分があると思います。まずはトイレへの苦手意識をつけないとこ。絵本を読んで楽しい雰囲気を作ってみてはいかがですか?

~ル・アンジェ仙台~


専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら