とびひに注意! ~ル・アンジェ福岡~

夏に注意したい病気の一つに「とびひ」があります。とびひは正式な病名を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。

虫刺されやあせもを掻くことなどで細菌が入り込み感染し発症します。

水ぶくれができ膿を持つようになります。かゆみがありそこを掻いた手で他の部分を触ると症状があちこちに広がります。

火事の飛び火のようにあっという間に広がることから「とびひ」と呼ばれます。

 

特に肌のバリア機能が低下しているアトピー性皮膚炎の患者さんは注意が必要です。

治療方法は塗り薬や飲み薬です。早めに皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常生活で心がけることは皮膚を清潔に保つことです。患部は石鹸をしっかりと泡立ててこすらないようにして洗います。家族とタオルなど共有しないようにしましょう。

~ル・アンジェ福岡~


ル・アンジェでは夏のイベントを開催!涼しいお部屋で楽しく過ごそう!

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら