熱中症~夏の前にも危険あり!~

~夏本番前も危険信号!熱中症の予防と対策~

 

熱中症は、夏だけだと思っていませんか?

熱中症になるのは、気温が高い日ばかりではない。寒暖差の激しい季節の変わり目の5~6月も、体が暑さに慣れていないため、注意が必要です。

事前に天気予報で前日との気温差や蒸し暑い日になるかを確認し、汗をかいた時に水分や塩分を補給できるようにしましょう。また、洋服で調整をしましょう。

お子様の具合が悪くなってしまったら、日陰や室内の涼しいところに移動して体を冷やし、衣服をゆるめ、楽な体勢にしてあげましょう。経口補水液やスポーツドリンクを飲ませましょう。水分が摂れない場合は病院を受診しましょう。

意識がない場合は、すぐに救急車を呼んでください。

今年は既に30℃近い気温になった日もありました。油断せず、十分に注意をしましょう。お子様だけでなく、シッターさん自身も熱中症にかからないよう、室内でもこまめに水分補給をするようにしましょう。

☆洗足ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから☆