「なまえをよんで」 まえをけいこ

 先日ベビーシッターとして、シッティングに伺ったお宅で読ませて頂きました。
 
 「おおきな声で、小さな声で・・・
  うたうように、はずむように、高く、低く・・・」
  いろいろな呼び方でなまえを呼んでみましょう。というこちらの絵本。
この絵本を読みながら、沢山お子さんの名前を呼んであげると、「はーい!」と元気にお返事をしてくれたり、「ふふふっ」と笑顔になったり、「ぎゅっ」と抱きついてくれたりと、とても楽しんでくれます。
 
 こちらのお宅へのお伺いは、まだ2回目。少しずつ距離を縮めている所でしたが、一気に仲良くなれた瞬間でした!
 名前を呼ばれると、自分を受け入れてもらえた感じがしたり、存在を認めてもらえている感じがして嬉しい!と思うのは大人も子どもも一緒ですね!
「なまえ」の大切さを教えてくれる、素敵な絵本です。

☆専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちら