子どものあせも

汗をかく時期になると、お子様の悩みのひとつに汗疹が上がってきます。

あせもは、正式には「汗疹(かんしん)」と呼ばれる皮膚の疾患です。「汗腺」に汗やほこり、垢などが詰まって炎症を起こすと、小さな発疹ができ、これがあせもになります。

特に、乳幼児は汗腺の活動が活発です。たくさん汗をかいたあとに放置したり、肌が汚れたままにしていると、汗腺がふさがれて汗が外に出られなくなり、あせもができやすくなってしまいます。

汗疹の予防法

①汗をこまめに拭く:汗をかいたらたまらないように、こまめにタオルなどで拭きましょう。

②シャワーを浴びる:汗をかきすぎたり、オムツが蒸れてしまう場合は、シャワーを浴びるのが良いです。

③着替えさせる:夏場はこまめに着替えをしましょう。昼寝後は、濡れていなくても寝汗をかいていますので、着替えるようにしましょう。

④肌を保湿する:肌が乾燥すると、デリケートになり、汗疹になりやすくなります。入浴後は夏でも乾燥しがちなので、乳液などをつけ、保湿しましょう。

汗疹が出来てしまった時の対処法

①掻かない:なるべく掻かないようにしましょう。痒くならないように、部屋を涼しくしたり、幹部を冷やしてあげましょう。掻きすぎると、とびひになる可能性があるため、注意しましょう。

②受診:あせもがひどい場合は、受診をし、薬を塗りましょう。

☆ル・アンジェのホームページはこちらから☆