食物繊維をとろう!

子どもに便秘が多いことはご存知でしょうか?毎日排便のない子どもが少なくないのが現状です。

そこで、便秘解消に効果があると言われている食物繊維についてお話したいと思います。

食物繊維とは人の消化酵素では消化されない食品中の成分のことです。

カニやエビの殻などの動物性食品にも含まれますが、多くは植物性食品に含まれています。水に溶けるかどうかで下記の二つに分けられます。

  • 不溶性食物繊維…根菜・穀類・豆類など水に溶けず、水分を吸収すると、数倍から数十倍にも膨れ上がります。
  • 水溶性食物繊維…大麦・果物・海藻など

水に溶けてネバネバしたゲル状になり吸着性が高いです。

 

 

 

 

特に不溶性食物繊維は胃や腸で水分を吸収し、大きく膨らみます。その結果、便の量が増え、大腸の働きが活発になり排便が促され、有害物質の影響を受けにくくなると言われています。

また、水溶性食物繊維は腸内細菌のえさとなり、排便を促してくれる乳酸菌などの善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。

便秘解消はさらなる健康増進にも繋がりますので、規則正しい生活リズムに加え、意識して食物繊維を摂取することをおすすめします。

■食物繊維でより元気になろう■

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから