ル・アンジェ広島~音楽~

音。

普段、私たちが聞いている音楽はもちろん生活音や、声。

全て音ですね。

その音に関する記事で興味深いものを見つけたので読んでみました。

赤ちゃんは生まれながらにして音楽の才能を持っています。

その代表的なものは、泣くことです。

声を出すことが、まずは音楽の第一歩です。

泣き声は、高い音や低い音、長い音や短い音を織り交ぜて、その子の独自の泣き声が完成します。

機嫌の良い時の笑い声も音楽の第一歩です。

赤ちゃんは、周りからの音を聞いて、自分の中に蓄積して、自分からも音を発信していきます。

その中で、いくつかの音を組み合わせたのものが言葉になります。

こうやって考えると音とはとても大切ですよね。

 

 

 

 

お腹の中にいる時から、お母さんやお父さんの声で

歌ってあげていると覚えている子もいるぐらいです。

生活の中にちょっとした音楽を取り入れてみたら

いいかもしれませんね^_^

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから