ル・アンジェ仙台~おすすめ絵本~

【読書の秋 おすすめ絵本】
ワクワクドキドキの詰まった絵本。読書の秋はいつもより長いお話を少しずつ読んでみてはいかがでしょうか?大きなお子様へのおすすめ図書をご紹介します。

“ふらいぱんじいさん”
作 神沢莉子/絵 堀内誠一

 

 

 

大好きな卵が焼けなくなったふらいぱんじいさんは家を飛び出し旅を始めます。様々な出会いや別れを繰り返し広い世界を知るのです。

お話はすべて繋がっていますが、区切りもあるので「今日はここまで…」と切り上げやすくなっています。
 

“おばけがっこう ぞそぞぐみ”
作 戸田和代/絵 とよたかずひこ

 

 

 

 

おばけのばけぐーのもとにおばけがっこう入学のお知らせが届きました。学校で仲良くなったばけちょき・ぱけぱー。ちょっぴり怖がりなこの3匹が女の子と出会い成長して行く姿が描かれています。

 

 

どちらも幼児から小学校低学年に向けられているお話です。絵もありますが絵本ほど描かれていないので、ゆっくりとどんな様子がお子様が想像する時間も考慮して読み進みていくといいでしょう。
途中で切り上げた際は「この後どんな風になるのかな?」と予想をするのも楽しそうですね。
長いお話を少しずつ読み進め、完読し達成感を味わうのも気持ちがいいものですね。読書の秋にぜひどうぞ^_^

専属ベビーシッターと病児保育のル・アンジェHPはこちらから