シッターさんのインタビュー(田島さん)

幼児と幸せな両親

シッターさんのインタビュー

  • 田島さん(ひみつ) 主婦 週4日勤務 

    【Q】まずは田島さんについて教えてください

     今は主婦で子育て(現在、小学校6年生)や親の介護と両立させながら、ル・アンジェで週4日病児保育のお仕事をしています。
    ル・アンジェで働く前は保育補助8年と、結婚するまではベビーシッター(2件ぐらいはしご)10年やっていましたが、病児保育ではなく、定期のお仕事で3家庭分を行き来していました。

    【Q】なぜ病児保育のシッターとして働こうと思ったのですか?

    まず自分の前提として、子どもが小さい為夕方から夜のお仕事ではなく、日中長時間で働けるお仕事を探していました。
    ですが、ベビーシッターのお仕事で多いのは夕方からのご依頼や、短い時間のシッティングの場合です。
    そのため、日中に働くことができ、また担当する時間も2~3時間ではないという、病児保育が気になったのがきっかけです。
    また、以前は病児保育のシッターというのも少なく、最近病児保育が増えたので、興味があって専門でやってみたいと思いました。
    ル・アンジェでは研修やミーティング、またお仕事のご依頼が無かったときに「待機保証料」という制度があることも魅力的でした。

    【Q】病児保育に行ってみてどうでしたか

    症状としては、回復期にあたるお子様が多いと感じます。
    無理をしないでお熱が下がる、回復に努めるシッティングや無理しないで遊べるように配慮しています。
    普通のシッティングと変わらないお子さんも多いです。
    薬の飲ませ方も保護者様に確認し、お子様に促しながら行っています。
    不安なことがあれば、すぐに保護者様に確認が取れる体制なので安心です。
    子育ての経験や今までの知識も生かしつつ、保育園の看護師さんや、自分が子育てしているときにお世話になった小児科の先生などにお話を伺ったりもしています。