シッターさんのインタビュー(F.Sさん)

幼児と幸せな両親

シッターさんのインタビュー

  • 病児保育シッター F.Sさん(60代前半) Wワーク 週2~3日勤務

    【Q】まずはF.Sさんについて教えてください

     子育ても終わり、現在かわいい孫がいます。
    週2~3日勤務。
    自分の予定や携わっている地域のお仕事に合わせて、調整しながら働いています。

    【Q】なぜ病児保育のシッターとして働こうと思ったのですか?

    私自身、子どもが小さい時に仕事をしていたので、ベビーシッターを利用していました。
    子育ても落ち着き(今はもう孫もいますが)、お母さん達の助けになるのならばと思い、志望しました!!
    特に私が子育てしていた当時も、困っていたのは病気の時だったので、『病児保育』もできるル・アンジェで働きたいと思いました。

    【Q】「病児保育」と聞くと、ハードルが高いと思う方もいますが、実際のご勤務の様子など教えてください

    病児保育に関わらず、お子様をお預かりするというのは、命に関わるお仕事なので責任を強く感じています。
    それでも自分の子育て経験で培ってきたことや、不明点等あればすぐに保護者様に確認が取れる体制なので、不安はあまりないです。
    ご依頼も回復期にあたるお子様が多いので、しっかりと休息を取らせてあげたり、お部屋の中でゆったりと過ごせるような遊びを心がけています。
    また、困ったこと等、会社のスタッフさんが、すぐに対応してくださるので心強く感じています。

    【Q】最後に病児保育のシッターとしてのやりがい等聞かせて下さい。

    嬉しい事に、病児保育で伺った際に「またF.Sさんにお願いしたいです!」と言って頂くことがあります。
    病児保育で「また」は無い方がいいですが、直接こうした感謝のお言葉を頂戴すると、本当に嬉しく思います。
    だからこそ、お子さんの世話をする責任のあるお仕事を精一杯努めていきたいと毎回感じています。